今すぐはじめよう!乳酸菌生活

今すぐはじめよう!乳酸菌生活

乳酸菌のサプリのメーカーに電話して意外な回答を得た知人の事例

乳酸菌のサプリメントを用いることを検討している方によっては、たまに飲み合わせを心配しています。なぜならバッティングが気になるからです。
人々の中には、たまに病院などから薬を処方されている事もあります。そして薬には相性があるのです。別の薬を飲んでしまうと、それで副作用が発生してしまう可能性もあるので、人々はそれを心配している訳ですね。

 

バッティングの確認のためにメーカーに電話をした

 

それで以前に私の知人が、その飲み合わせを心配していました。実は知人の場合は、ちょっと病院に通っていたのですね。それで病院から薬が処方されていたのですが、それと同時にサプリメントも検討していました。お通じの改善をする為に乳酸菌のサプリメントを使おうと思っていたのですが、前述のバッティングが気になっていた訳です。現在使っている処方薬とサプリメントがバッティングして、何かネガティブな症状が発生するのではないかと思った訳ですね。

 

ところで知人は、そのバッティングに関する事実を確認したようです。どうやって確認したかと申しますと、コールセンターですね。

 

そもそも大抵の乳酸菌サプリメントのメーカーは、電話番号を完備してくれています。大手の会社であれば、フリーダイヤルを完備している事も非常に多いですね。
それで知人は、その番号に直接電話をしました。現在薬局から薬が出ているので、そちらで販売されているサプリメントで問題がないかどうかを、電話でチェックしてみた訳ですね。

 

薬剤師からの電話による意外な答え

 

すると、乳酸菌のサプリのメーカー側から意外な答えが戻ってきました。そのメーカーには、薬剤師の方が常駐しているようなのですね。知人はそのメーカーに対して、現在処方している薬を伝えました。そして薬剤師の方から、折り返しの電話が来るように手配してくれたようなのです。

 

しばらくすると、その薬剤師から本当に電話がかかってきました。そしてその方から、「弊社の商品は使わない方が良いです」と言ってくれたようなのですね。「すでに処方されている薬で十分に効果を発揮されるので、弊社の商品を用いてもあまり効果が見られない」との回答だったそうです。そこまで正直な回答が戻ってくるとは思っていなかったので、正直ちょっと驚いたようですね。もちろん知人はそのメーカーの商品は購入せず、今まで通りに処方薬を用いることにしました。

 

このように乳酸菌のサプリの会社に電話をしてみると、思わぬ有益な情報が得られる事があります。ですので何か心配な事がある時には、遠慮なく電話してみると良いでしょう。

 

>アレルギーの方のための乳酸菌入門

ヨーグルトを摂取するとなると、1つ難関があります。胃袋を通過しなければならない点です。
ここ最近では、市販のヨーグルトにて腸まで届くとアピールされているものが多く販売されるようになりました。昔はそのような商品はあまり多くなかったのですが、随分と変わったものだと思いますね。
市販のヨーグルトを摂取した場合、当然それは胃袋を通過しなければなりません。そして胃袋の中には多くの酸が含まれていますので、ヨーグルトが溶かされてしまう事も非常に多い訳ですね。
ところが一部のヨーグルトは、それに強い乳酸菌が入っています。つまり胃袋を通過しても、簡単には溶けないようになっているのですね。

 

腸に届きやすく持ち運びしやすいヨーグルト

 

具体的に申し上げれば、ちょーぐるとという商品があります。多くの乳酸菌が含まれている商品なのですね。
いわゆる粉末状のヨーグルトなのですが、それはかなり好評ですね。楽天で購入できるヨーグルトの1つで、多くの方々から高い評価を受けています。レビューの平均点の高さが、その商品の人気を物語っていると思います。
そしてちょーぐるとの特徴の1つは、胃袋の通過率なのですね。その中には、胃酸に強いタイプの乳酸菌が多く含まれています。いわゆる植物性の菌類が多く配合されているのです。
ちなみに動物性ではありません。動物性の場合は胃袋で溶かされる事が多いのですが、ちょーぐるとの場合はそれに強い植物性の菌類が入っている訳ですね。それだけ胃袋を通過しやすい訳ですから、お腹の中に働きかけやすい特徴があります。
それと、ちょーぐるとにはもう1つ特徴があります。やはり粉末状になっている点ではないでしょうか。
そもそも市販のヨーグルトは、ほとんどがすでに水に溶けた状態になっていますね。コンビニで販売されているヨーグルトの大部分は、冷蔵保管されているでしょう。
ちょーぐるとの場合は、水に溶けている状態ではなく、自分で溶かす必要があります。あえてパウダー状になっているのですが、却ってそれで使いやすいと感じている方も多いです。
なぜなら液体状のヨーグルトの場合は、冷蔵保管が必要になってしまいます。ですのでちょっと外出先に持ち運ぶのは難しい一面があるのですが、ちょーぐるとの場合は粉末状のヨーグルトなのですから、特に持ち運びに苦労する事はありません。
すなわち胃袋を通過する確率が非常に高いのと、持ち運びしやすいという2点が、ちょーぐるとという商品の特徴ですね。総じて、非常にスペックが高いヨーグルトの1つだと思います。

続きを読む≫ 2015/10/28 21:46:28

人間の活動リズムは、時間帯と大きな関係があります。特定の時間帯に、活動が活発化する事もあるのです。このためお腹の調子を整える為の製品を摂取する時には、時間帯を意識する事も必要になるでしょう。結論から申し上げると、乳酸菌の商品などはなるべく夜の時間帯に摂取するのが好ましいと考えられます。

 

夜の時間帯はお腹が活発なので乳酸菌を摂取するには良いタイミング

 

そもそも人間のお腹は、活発化しやすい時間があるのですね。それが夜の時間帯なのです。朝や昼間の時間帯などももちろん活動はしているのですが、活発さという点を考慮すれば、やはり夜の方が上回っている傾向があります。
そしてお腹の中の活発度は、乳酸菌を摂取する力と大きな関係があるのですね。当然ですが、お腹が活発になっている方が乳酸菌も摂取されやすくなる傾向があります。ですので乳酸菌のサプリメントなどを摂取するのであれば、基本的には夜の時間帯を利用する方が、より効率的になると考えられるのですね。

 

ちなみにヨーグルトなどを摂取している方々は、朝の時間帯を意識している事が多いでしょう。朝起きてから、ヨーグルトを食べるのを習慣化している方もいらっしゃると思います。
確かにそれも間違いではないのですが、どちらかというと夜の時間帯の方が吸収が効率的だと言われているのです。ですのでヨーグルトによる効果を期待するのであれば、むしろ夜に摂取をする方が好ましいという事になります。

 

22時以降に乳酸菌の商品を摂取

 

ただし夜間といっても、時間はかなり幅広いですね。おおむね20時頃から3時頃までが、夜間と考えて差し支えないでしょう。その中でも、特に22時頃からお腹の中が活発になりやすいと言われています。その状態は真夜中の2時頃まで続くと言われているのです。つまり22時から翌日の2時までは、お腹の中がゴールデンタイムになる訳ですね。

 

ですので便秘を改善するためにお腹の環境を整えたいと思うのであれば、22時以降にお腹の環境を改善する商品を摂取すると、便秘も改善されやすくなるのではないでしょうか。活動リズムが大切というのは、そのような意味です。
なお寝る前にヨーグルトを食べる時には、ちょっと注意が必要です。ヨーグルトは体重増加につながりやすいと言われているので、就寝する3時間前にそれを食べるのは避けた方が良いでしょう。ただし乳酸菌のサプリメントは、話は別です。あれを摂取して体重が増加する確率は極めて低いので、サプリは寝る直前でも問題ないのですね。

続きを読む≫ 2015/07/27 16:14:27

ホーム RSS購読 サイトマップ